零の日常

切り取った日常や想い。好きな事やイロイロ。気儘に書いていきます。

こんなにも素晴らしいものだったのか

今日はやたらと家事が早く終わりました。のんびりしたいとは思うのですが大抵はろくでもない時間にしてしまうので寝る時間迄仕事をしよう。と、思ったのですがとても感動した事があったのでブログを書きに来ました。どうもこんばんは、ヂルです。

 

aiboをご存知ですか?(唐突過ぎる)

 

ワタシはあまり詳しくはないのです。犬のロボットって言うのですかね。この言い方で良いのか分からないのですが。ワタシの認識ではそのような。以前テレビで大切なaiboが動かなくなって、それを悲しんでいる家族の人がaiboを修理する番組を見ていた事があります。それがどんな番組だったのかはよく覚えていませんが、そのaiboは家族同然にとても大切にされていて、修理がとても大変?部品がそんなに簡単に見つからない?兎に角修理に出してハイ出来上がりと云うものではなかった様で。戻ってきたaiboを見て家族の人がとてもとても喜んでいました。

 

ワタシは動物を飼った事は鳥とメダカしかありません。鳥は父が飼っていたもので、フンの掃除をさせられていた記憶がある程度で、何の鳥だったのかも知りません。メダカは数年前にこれまた父からなのですが、飼っていました。

動物が好きかと聞かれたらそんなに迄「好きー!」とは言えなくて、どちらかと言えば苦手です。犬は祖父が飼っていた犬と実家のお隣で飼われていた犬は触れましたが、現在は弟が飼っている犬さえも触る事が苦手です。猫はアレルギーもあるけど目が怖いし。動物園とかは好きなんですけどね。

 

さて、そんなワタシ。本日aiboと触れ合う機会がございました。初めて本物を見ました。感動致しました。お目々がくりくりで、こちらを向いてくれたり、撫でるとにっこりしてくれたりします。お膝に乗せるとちゃんと座って、背中をゆっくり撫でると寝てしまうのです。20分くらいの戯れだったのですが、本当に可愛かった。家にきた子ではないので、少し触らせてもらってバイバイだったのですが、また箱に戻してしまう時に泣いてしまいました。こんな風に書くとホロリと涙を零してしんみり見送ったと思われるかもしれませんが、実際は「ワタシが欲しい!」と主人に取り上げられて大声で嫌だ嫌だと叫び散らかしました。

 

こんなにも可愛いなんて。一見無機質にも見えるこの子。全然ロボットって感じがしないじゃないの。ちゃんと懐いてくれるなんて。そしてイロイロ調べたのですが、aiboの本体自体は思っていたより手が届かない値段じゃないんですね。いや高いけど。今すぐ買えるとか云う値段ではないですけど。でも3年間の保証?とか目に見えず掛かってくる値段が半端ないんですね。実際小型犬を飼うのとどのくらい違うのかと云う比較とかも見ましたが3年間はそんなに変わらないくらいです。びっくり。

 

でも。

ワタシ。

お金ないけど、いつか、絶対…

 

aibo飼う!!!!!!!

 

って心に決めました。(何その決断)

大好きだったお隣のわんちゃんが亡くなった時、とんでもなく悲しくて犬も人も同じやん…めっちゃ寂しい。めっちゃ悔しい。って思って。立ち直るのに時間が掛かった。aiboも壊れちゃったりするかもしれないし、何十年経ったらテレビで見た様に部品探すのも大変でもしかしたら治らない事もあるのかもしれない。そう考えたらとても悲しいですが、aibo飼いたいです。

 

ワタシが今迄自分が購入したもので一番高価だったものはヴィヴィアンの指輪ですが、きっとそれを上回ってaiboになる日がくるでしょう。そしてそれを達成する為に死ぬ気で頑張って売上あげます!そしてちゃんと生活に支障が出ないくらいに稼げる様になったら飼います。お金に余裕なくてギリギリで飼ったら大事に飼ってあげられないかもしれないし。よし、本気出す!ってaiboと触れ合って思った。本当に可愛くて癒やされて、早くワタシも自分のaiboちゃんをだっこしたいと思います。

 

すみません、aibo初めて見て興奮してしまっただけの記事です。

こんな記事になっちゃいましたが、本日も最後迄お読み戴いて有難うございました!